#00 序章
#01 ディープ・スロート
#02 スクィーズ
#03 導管
#04 ジャージ・デビル
#05
#06 機械の中の
ゴースト
#07
#08 宇宙
#09 堕ちた天使
#10 イヴ
#11
#12 海の彼方に
#13 性を曲げるもの
#14 ラザロ
#15 再生
#16 E.B.E.
#17 奇跡の人
#18 変形
#19
#20 続スクィーズ
#21 輪廻
#22 ローランド
#23 三角フラスコ<終章>
   
DVD (レンタル)
単品DVD (セル)
DVDボックス (セル)
VHS
VHS(米)
VHSボックス
LD
デアゴスティーニ
放映データ(米)
放映データ(テレビ朝日)
放映データ(Dlife)
ランキング(米)
ランキング(日本)
広告


<< Previous SEASON 1 Next >>

File No.23 (1X23)

「三角フラスコ<終章>」 THE ERLENMEYER FLASK 
監督 R.W.グッドウィン
脚本 クリス・カーター

   警察とのカーチェイスの末、銃で撃たれた男が海に飛び込んだ。しかも、男の傷口からは緑色の液体が流れていた。モルダーは、男が乗っていた車が遺伝子研究をしているベルービ博士の車だということを知り、スカリーと共に博士の研究所に訪れるがすぐに追い返され、その夜、博士は自殺をしてしまう。スカリーは研究所にあったフラスコの中身を調べた結果、地球上には存在しない細菌だった。    
メリーランド州

  • アメリカでは、13日の金曜日に放送された。
  • オープニングのタグ・ライン「THE TRUTH IS OUT THERE(真実はそこにある)」からディープ・スロートのセリフ「TRUST NO ONE(誰も信じるな)」に変わっている。
  • 水槽の中で人間が実験台にされている倉庫の住所、「パンドラ通り1616」は実在する。
  • クライマックス・シーンはカナダ、バンクーバーのグランビュー地区にあるクラーク通りの陸橋で撮影。

  アメリカ 94/05/13
日  本 96/05/29 「異星人は実在した! 真実は衝撃の結末に」


オリジナルコレクターズカード 201 DAYS OF THE X-FILES
(2015/07/29)