<< Previous SEASON 5 Next >>

File No.513 (5X13)

「ペイシェントX」 PATIENT X
監督 キム・マナーズ
脚本 クリス・カーター&フランク・スポトニッツ

   マサチューセッツ大学で行われている地球外生命体の存在に関する公開討論会にモルダーが出席をした。患者Xの体験告白を聞いたモルダーは、政府によって異星人の存在を信じ込まされているとUFO信仰者達に警告し反感を買う。その会場で、5年ぶりにヴァーバー博士に再会する。博士は信念を曲げていたモルダーに対して患者Xに会うよう提案する。    
ワシントンD.C.

  • エミー賞において、「ゲスト女優賞(ヴェロニカ・カートライト)」ノミネート作品。
  • 今後の重要なキーパソンとなるジェフリー・スペンダーが初登場。演じるクリス・オーウェンズは、#407「紫煙」で若かりし肺がん男、#505「プロメテウス」でグレート・ムタトを演じた俳優。
  • 患者Xこと、カサンドラ・スペンダー役のヴェロニカ・カートライトは、映画「エイリアン」のランバート役で有名。

  アメリカ 98/03/01
日  本 99/12/12 日曜洋画劇場「X-ファイル ペイシェントX」

広告 201 DAYS OF THE X-FILES
(2015/10/24)