<< Previous SEASON 5 Next >>

File No.514 (5X14)

「赤と黒」 THE RED AND THE BLACK
監督 キム・マナーズ
脚本 クリス・カーター&フランク・スポトニッツ

   ペンシルバニア州のラスキン・ダムで大量の焼死体が発見される。事件現場にいたスカリーは約50人の生存者の中で発見。軽度の火傷と重い脱水症状になっており、すぐには口が聞けない状態であった。一方、カサンドラの車椅子が現場で発見されるが、本人は見つからなかった。息子であるジェフリー・スペンダーは、母親を現場に連れて行ったのはモルダー達であると疑う。    
ペンシルバニア州
ラスキン・ダム

  • エミー賞において、「ゲスト女優賞(ヴェロニカ・カートライト)」「音響賞」「音響編集賞」ノミネート作品。
  • オープニングのタグラインが「RESIST OR SERVE」(抵抗か服従か)に変わっている。これはクライチェックがモルダーに言った言葉。
  • タイトルの「赤と黒」は、劇中に登場する手紙の赤色、ブラックオイルの黒色を意味する。
  • 本エピソードに登場するペンシルバニア州のラスキン・ダムは、カナダのブリティッシュコロンビア州にある同名のダムで撮影された。カサンドラが誘拐されるシーンは実物大の橋をセットで再現している。

  アメリカ 98/03/08
日  本 99/12/12 日曜洋画劇場「X-ファイル ペイシェントX」

201 DAYS OF THE X-FILES
(2015/10/25)