<< Previous SEASON 5 Next >>

File No.520 (5X20)

「ジ・エンド」 THE END
監督 R.W.グッドウィン
脚本 クリス・カーター

   バンクーバーのチェス大会でロシアのチェス・プレーヤーが暗殺された。犯人は国家安全保障局の元職員だった。事件の担当捜査官には、スペンダー捜査官が任命されたが、モルダーは捜査チームから故意に外されている事をスキナー副長官から知る。現場の映像を観たモルダーは、ロシアのチェス・プレーヤーではなく、対戦相手の12歳少年がターゲットだった事に気づく。  
ワシントンD.C.

  • オープニングのタグ・ラインが、「THE END(ジ・エンド)」に変わっている。これはスキナー副長官がモルダーに言った言葉。 (DVD版では、「THE TRUTH IS OUT THERE」のままになっている。)
  • 今エピソードで、バンクーバーを拠点とするロケは終了する。クリス・カーターは感謝の意をこめて、冒頭のチェス大会をバンクーバーで行われている設定にした。撮影場所はバンクーバーのロジャース・アリーナ。
  • モルダーのオフィスの壁には、#02「スクィーズ」、#10「イヴ」、#205「昇天Part.1」などの容疑者達の写真や新聞記事が貼ってある。
  • モルダーの元相棒で恋人のダイアナ・ファウリーが初登場。演じるミミ・ロジャースは、元トム・クルーズの奥さん。
  • ギブソン・プレイズが観てるテレビアニメは、「ザ・シンプソンズ」、「シルバーサーファー」、「キング・オブ・ザ・ヒル」

  アメリカ 98/05/17
日  本 01/08/26 日曜洋画劇場「X-ファイル ジ・エンド/ザ・ビギニング」

広告 201 DAYS OF THE X-FILES
(2015/10/31)