<< Previous SEASON 6 Next >>

File No.611 (6ABX11)

「ファイト・ザ・フューチャー Part.1」 TWO FATHERS
監督 キム・マナーズ
脚本 クリス・カーター&フランク・スポトニッツ

   ヴァージニア州アーリントンの操車場内にある列車で、極秘の人体実験が行われていた。25年の歳月を経て実験は成功するも、そこへ顔のないエイリアン”反乱軍”がやってきて、医師達を焼き殺す。現場では複数の焼死体と共に、カサンドラとオープンショー博士が無事保護された。カサンドラはモルダー捜査官に会いたいと要求。しかし、息子スペンダーはそれを拒む。  
ヴァージニア州、アーリントン

  • シリーズを通して複雑化していたミソロジー系(神話系)エピソードが、ここにきて完結を迎える記念すべきエピソード。
  • #315「海底」から登場したブラック・オイル(ブラック・キャンサー)は、別名”ピュリティ”ともいい。人類を滅亡させる為の感染源、そして異星人の命の源だと言う事が判明する。
  • シガレット・スモーキング・マン、肺がん男、キャンサーマンと呼び名が数多くあった謎の男の本名が、C.G.B.スペンダーである事が判明。ただ、これが真実かどうかは分からない。

  アメリカ 99/02/07
日  本 02/03/31 日曜洋画劇場「X-ファイル ファイト・ザ・フューチャー」

広告 201 DAYS OF THE X-FILES
(2015/11/11)